« 制作うらばなし:御堂筋線編 | トップページ | 交通博物館ライトアップ! »

2005年12月12日 (月)

買出し編

051212 前回までで製作の準備が整った。いよいよ、製作に向けて動き出す。今回は部品の買出しの時のエピソードをお話しする。

朝、秋葉原に寄って出社することにしたのだが、秋葉原の電気部品を売っている店はどこも11時を過ぎないと空かない。そのおかげで久しぶりに朝寝坊ができたわけだが・・・。

お目当てのお店の開店と同時に必要な部品をかごに入れ始める。しかし、力行ノッチの制御を行う部品が売り切れ・・・。しかし、似たような動きをする部品はある。他の店で探したりするのはメンドクサイから、その場で脳内シミュレーション(?)をして、この部品でも大丈夫ということを確かめ、無事全ての部品を調達できたのだ。

しかし、全ての部品が調達できたからといって製作に必要なものが手に入ったわけではない。音楽館では以前にこのような電子工作をやったことがないため、半田や配線などが全くない。半田ごてや工具は私物を使うとしても、自分もしばらく電子工作から離れていたので、半田や配線を買おうといろいろなお店を探し回っていたところ、なんとラッピングツールを発見。3000円もしたが、前からずっと探していた物なので即購入した。

余談となるが、このラッピングツールを意外と知らない方が多いので紹介しておく。このラッピングツールを使うと、半田を使わずにICソケットの足に、配線を巻きつける(もちろん強度もある)ことによって、配線を行う道具である。これがあると半田付けを行わなくても済むし、配線をしなおすときも、巻きつけてある配線をこのラッピングツールを使って解くだけでよく、面倒な半田付けを行うずに配線が行える非常に便利な道具である。これがあれば、すべての配線が半田付けなしで行えるわけではないが、ぜひ持っておきたい道具の一つである。ただし、現在このラッピングツールは入手が非常に困難で、自分も秋葉原で探し始めて3年目にしてようやくゲットできたのである。

製作に必要なものをすべて調達し、気がついたときは既に午後1時を過ぎていた・・・。

(続く)

|

« 制作うらばなし:御堂筋線編 | トップページ | 交通博物館ライトアップ! »

マー坊の工房」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1616368/43290975

この記事へのトラックバック一覧です: 買出し編:

« 制作うらばなし:御堂筋線編 | トップページ | 交通博物館ライトアップ! »