« 2006年12月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

スタッフ開発裏話:2

Ralifanで採用された中央線 ― 無事にRailfanも発売されました。前回からずいぶん間が開きましたが、前回予告していた採用路線の決め方についてお聞きします。

スタッフ:よろしくお願いします

― 今までの作品で数多くの路線を採用してきましたが、その採用基準は?

T:人気のある路線や、知名度のある路線、その時々に話題のある路線などを採用しています。

― たとえば?

T:東急は人気がある路線ですし。山手線や中央線などは知名度がありますね。また、京浜急行なんかは知名度も人気もあります。
O:昔出した南部縦貫鉄道なんかは廃止間際で話題性を追求(?)した路線ですね。

― 基本的な採用基準は人気や知名度、話題性。では他の要因は?

T:後は社長の趣味もあります(笑)

― (笑)

O:正確にいうと後は政治的理由もありますね。

― というと?

T:その路線を採用して売れるか売れないかですね。売れなければ話になりませんし。
O:会社の規模もそこそこ大きくなりましたしゲームの規模も大きくなりました。それによる開発コストの増大を売り上げで回収しなくてはなりませんし、コンシューマ機ベースの全国展開となるとどうしてもメジャーな大手鉄道会社や路線に偏ります。
T:しかも統計的にみて、採用路線の乗降客数に比例して販売本数が増えるという現象もあります。
O:本当は田舎の地方路線とかもやりたいんですけどね。
K:不採算路線ですね(笑)
T:銚子電鉄・大井川鉄道・琴電パックとか。
K:やりたいですねぇ(笑)

― なるほど。確かに売れなければ次回作も出せなくなりますしね。

T:他にもその鉄道会社が制作に協力してくれるか。が重要です。
O:企画だけならいくらでも出せますが、実際に鉄道会社がOKといってくれなければ意味がないですし。

― やはり鉄道会社によっては協力の具合が違いますか?

T:違いますね。
O:これは依頼した鉄道会社の担当者の方の熱意も相当あります。やはり担当者が鉄道好きな場合は非常に協力的です。こちらの要求も通しやすい。
K:そういう意味では京急様や東急様は大変協力的でしたね。
T:鉄道会社から依頼された場合も楽です。
O:九州新幹線や御堂筋線ですね。

― ユーザーから採用してほしい路線として声の高い京王電鉄やJR東海などはどうなのでしょうか?

T:やりたいんですけどねぇ…
O:これこそ政治的理由で難しい…(笑)

― それはなぜ?

T:まぁ思い当たることはあるんですが、ここでは言えませんね(笑)

― 他に採用の要因はありますか。

O:後はディスク容量ですね。
T:採用路線の区間の長さです。基本的に撮影列車の撮影時間に依存しますが。
O:Railfanの場合は大体1分あたり約100MBの計算で収録してあります。
T:システムデータ容量が3GBと見積もって、走行映像の収録時間は大体約210分といったところでしょうか?
K:もし退避映像が必要な場合は退避パターンに合わせて全線収録になります。
T:つまり退避があると全線映像を2本持つことになります。それだけで最大収録路線長が半分に減ります。
O:こういった感じでディスクに収まる範囲の路線が決められます。

― ディスクの容量はつねにこの作品に付きまとう問題ですね(笑)、ちなみにディスク2枚組みなどはどうなのでしょう。

T:製作コスト的にも発売価格的にも商機を逃すためあまり考えていません。
O:RPGみたいに一方通行で前のディスクには絶対に戻らないなら楽なんですが、うちのゲームの場合ディスクを入れたり出したり戻したりの連続になりますね。
T:バグも怖いですし。

― なるほど、路線の決まる要素は大体このようにして決まるのですね。

T:あと一番重要なのは走ってて面白いかです。
O:信号も変わらず、延々とまっすぐな路線を一回加速してだらだら走ってブレーキかけて止める。それが連続してるような路線は走ってて面白くありません。ですから企画段階で落とされます。
K:これがJR路線がなかなか採用されない要因ともいえますね。

― Railfanで採用されたシカゴ市交通局・JR東日本中央線・京阪電車はどういった経緯で決まったのでしょうか?

O:まずシカゴはタイトー様側のご担当者の一言があり、それに社長がのって決まりました。海外展開も考えていたのでグローバルにいこうと。一応社長は英語OKなんで。
T:地下鉄ではなく地上を走る海外の通勤電車というとなかなか思いつきませんが、その際に一番手にあがったのがシカゴのループでした。
O:映画『逃亡者』や『スパイダーマン』、『Shall we dance?』などにも登場しているので知名度もそれなりにありますし。
T:ビルの谷間を90度カーブというのも日本の路線、というか世界の路線でも珍しいですしね。

― 中央線は?

T:中央線はやはり海外展開で行くなら日本で有名なのは東京。つまり「東京行き」の路線を採用したかった。
H:となると採用路線は東海道線か横須賀線、京葉線、中央線になります。
O:それなりの駅数で車種も少なく、制作が楽。さらに路線が有名となるとおのずと中央線になりましたね。
T:TrainSimulatorの記念すべき第一作目のオマージュ(?)もかねてます。実際過去の中央線作品と見比べると、その進化っぷりが笑えます(笑)

― 京阪電車は?

T:これはそのとき京阪様と別の仕事でお付き合いがあり、比較的簡単に撮影許可が降りそうだったからです。
O:やはり日本で有名どころ、京都と大阪も走っていますし、ネームバリューもばっちりです。
T:実を言うと容量問題で中書島~淀屋橋までしか収録できない可能性があったという逸話があります(笑)

― Railfanでも採用路線にいろいろな理由があったのですね。
  次回は撮影についてお聞きします。お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年5月 »