« 撮影路線決定 | トップページ | 秋田へ »

2007年9月28日 (金)

撮影方法考案

撮影車両に使われるであろうキハ110系 撮影路線が決まったということは、撮影列車でどのように撮影するかを決めなくてはなりません。
釜石線なので撮影列車はキハ110系が考えられます。
通常のシミュレータの撮影では三脚か、吸盤を使ってカメラを前面ガラス前に取り付け、撮影する方向も真正面にカメラを向けて設置しています。
しかし、今回のSLシミュレータでは走行映像をそれぞれ機関士側と機関助士側に投影し、撮影方向も正面ではなく斜めに撮影しなければなりません。
ということは通常の撮影方法では無理です。
そこでTHE京浜急行で行われた"ForthVIEW"の撮影の時のように、前面貫通扉を開け放し、そこに土台を置いてカメラを斜め方向に設置して撮影するという方法を考えました。

貫通扉開けっ放し案

 

ここで問題が発生。
JRとしては、やはり貫通扉を開けっ放しで走るのは安全上に問題があるので、この撮影方法はNG。
しかし、貫通扉を開けないとカメラの露出操作などができません。
というわけで次に考えたのが貫通扉を開け、その部分に台座つきの鉄板を取り付け、一応前面は塞いだ撮影方法を考案。

鉄板土台案

 

しかし、やはりこれはコストがかかり過ぎるので却下。

ところで今まで上げられたカメラ設置案の画像で、カメラ設置位置に疑問を持たれた方がいらっしゃると思われます。
というのも、いままで考えていたカメラの高さは通勤型車両の運転士の目線位置。つまり蒸気機関車はもっと目線が高いのです。
というわけでカメラの設置位置を高くし、貫通扉も閉め、露出などはカメラの自動露出に任せるということで、次の撮影方法を考案。

カメラ外出し案

全体を見るとこんな感じ。

全体図

 

これならいけるでしょう。ということでこの撮影方法で提出。
しかし帰ってきた言葉は予想外にも。

 

「使用車両はキヤ28です」
実際に撮影に使われるキヤ28

 

えー…

…なんのために入念なキハ110のCGを作ったのかよく分からなくなりましたが、キヤ28に乗れるのはちょっと嬉しかったです。

|

« 撮影路線決定 | トップページ | 秋田へ »

SLシミュレータ開発記」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1616368/43290750

この記事へのトラックバック一覧です: 撮影方法考案:

« 撮影路線決定 | トップページ | 秋田へ »