« 東武博物館 シミュレータリニューアル!! | トップページ | 鉄道博物館 0系新幹線輸送 »

2009年7月22日 (水)

東武博物館リニューアル!

東武博物館正面玄関

リニューアルされたエントランス本日、東武博物館がリニューアルオープンしました。昨年の12月に閉館して以来7ヶ月ぶりのオープンです。
オープン初日が平日にもかかわらず、夏休みという事もあいまって2000人超の大盛況となったようです。
正面玄関入り口は大幅にレイアウトが一新され、入場券売り場やミュージアムショップなども新しくなっています。



「ネコひげ」に復元された5700系ロマンスカー


近江鉄道から里帰りして来たED101

Bトレ化(?)されてるトキ1形

今回のリニューアルでの最大の目玉は復元された元特急車両の5700系と電気機関車のED101。特に5700系は2枚窓の湘南顔に『ネコひげ』といわれたヘッドマークを取り付けた姿に復元されたことが見所。工事関係者の方によると細かい設計図面が残っていなかったため復元には大変苦労されたとか。(その代わり、趣味半分で色々やれたとのこと。笑)
流線形の顔の部分は2本の中梁以外、大枠からすべて作り直したそうで、新規作成となる乗務員室扉も含めてオープン直前まで作業されていました。
屋内ではさりげなく展示されているトキ1形無蓋貨車。222両もいた大型貨車で、今回のリニューアルにあわせて展示されたそうです。さながらBトレインショーティーのような姿ですが、もともとは廃車後に杉戸工場で重量測定用に3分の1にカットされたものらしく、1台の台車の上に荷台が鎮座していて、最初はこんな貨車があったのか!と勘違いしてしまいました。笑


大盛況のシミュレータコーナー

大勢の人に見られて緊張?

そして先日ご紹介したシミュレータ3台は黒山の人だかり。数十人近くの人が各シミュレータに並んでいました。駅停車処理(ドアの開閉等)という博物館用シミュレータとしては珍しいシステムでしたが、多くの方々は特に戸惑うことなく、ちゃんと発車ブザーが鳴ってから出発する方が多かったことが印象的でした。


一足先に登場した東京スカイツリー®

リニューアルされた大パノラマ

もうひとつ黒山の人だかりといえば模型の大パノラマ。
リニューアルにあわせてレイアウトを大幅に変更し、線路(路線?)も大幅に増えています。
また、業平橋に東京スカイツリー®が建設されているのにあわせ、パノラマでは一足先に登場していました。
ただ、さすがに模型のスケールに合わせた大きさにはなってはいませんでした。(合わせていたら高さが7m60cm近くになってしまいますからね。)

 

 

開館20周年&リニューアル記念特別展 博物館の奥では「開館20周年&リニューアル記念特別展」を開催していて、開館前の東向島駅(旧玉ノ井駅)の様子や開館当初の博物館の姿、展示品の搬入の様子、リニューアル中の様子や5700系、ED101の復元工事の様子などを写真展示していました。
特別展は9月23日まで開催中だそうです。

5700系、ED101の復元工事のレポートを掲載しました。

|

« 東武博物館 シミュレータリニューアル!! | トップページ | 鉄道博物館 0系新幹線輸送 »

スタッフ鉄道漫遊記」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1616368/43290544

この記事へのトラックバック一覧です: 東武博物館リニューアル!:

« 東武博物館 シミュレータリニューアル!! | トップページ | 鉄道博物館 0系新幹線輸送 »