« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月15日 (火)

鉄道博物館 0系レポート

吊上げられる0系

9月12日深夜から13日未明にかけて行なわれた、鉄道博物館 0系新幹線輸送のレポートを掲載しました。
こちらからご覧ください。

10月21日から展示される0系新幹線の概要

形式 21-2(新大阪方の先頭車)
車両寸法 大きさ:長さ25.15m×幅3.38m×高さ3.975m(台車含む)
重さ:57.6t(自重)
落成 1964(昭和39)年7月24日
製作者 日本車輌製造株式会社 東京支店(当時)
東海道新幹線開業時の1・2次車360両(12両編成×30本)のうちの1両として製造される
編成番号 N2編成
アルファベットのNは製造メーカーの略号(にっぽんしゃりょうのN)
1971(昭和46)年12月にメーカー別の編成番号から用途を表す編成番号
(「ひかり」:H、「こだま」:K)に改められ、H2編成となる。
廃車 1978(昭和53)年3月24日
走行距離 6,142,913.5km
赤道を約153周、月まで約8往復の距離に相当

(資料提供:鉄道博物館)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

鉄道博物館 0系新幹線輸送

鉄道博物館に到着した21-2

鉄道博物館にて、今年10月21日に公開する『0系新幹線(21-2)』が9月12日(土)の深夜から翌朝にかけて、復元工事が行なわれた大宮総合車両センターから展示場所である鉄道博物館まで輸送されました。

この日の作業は、車両の輸送と仮レールへの取卸でした。

0時に作業開始。まずは台車を2つ搬出、仮置き。1時過ぎに車両本体が大宮総合車両センターを出て、1時40分過ぎに博物館搬入。3時25分頃作業完了。雨が降る中作業が始まりましたが、作業完了時には雨もやんでいました。

後日レポートを掲載します。

→鉄道博物館リンク
0系新幹線車両の展示公開日決定について
0系新幹線車両の公開について

取材協力:JR東日本、鉄道博物館

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »