« 鉄道博物館 0系新幹線輸送 | トップページ | 鉄道博物館 0系新幹線(21-2)公開 »

2009年9月15日 (火)

鉄道博物館 0系レポート

吊上げられる0系

9月12日深夜から13日未明にかけて行なわれた、鉄道博物館 0系新幹線輸送のレポートを掲載しました。
こちらからご覧ください。

10月21日から展示される0系新幹線の概要

形式 21-2(新大阪方の先頭車)
車両寸法 大きさ:長さ25.15m×幅3.38m×高さ3.975m(台車含む)
重さ:57.6t(自重)
落成 1964(昭和39)年7月24日
製作者 日本車輌製造株式会社 東京支店(当時)
東海道新幹線開業時の1・2次車360両(12両編成×30本)のうちの1両として製造される
編成番号 N2編成
アルファベットのNは製造メーカーの略号(にっぽんしゃりょうのN)
1971(昭和46)年12月にメーカー別の編成番号から用途を表す編成番号
(「ひかり」:H、「こだま」:K)に改められ、H2編成となる。
廃車 1978(昭和53)年3月24日
走行距離 6,142,913.5km
赤道を約153周、月まで約8往復の距離に相当

(資料提供:鉄道博物館)

|

« 鉄道博物館 0系新幹線輸送 | トップページ | 鉄道博物館 0系新幹線(21-2)公開 »

スタッフ鉄道漫遊記」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

女子鉄スタッフの鉄道漫遊記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1616368/43290534

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館 0系レポート:

« 鉄道博物館 0系新幹線輸送 | トップページ | 鉄道博物館 0系新幹線(21-2)公開 »