« 鉄道博物館 0系新幹線(21-2)公開 | トップページ | としまえん 鉄道&バスフェスタ2009 レポート »

2009年10月27日 (火)

東武博物館50050型シミュレータ 機器取り付け完了!

Img_3752

東武博物館の50050型シミュレータにおいて、前回お伝えした未装備の機器(表示灯類)の取り付けを完了させました。

091026_022 今回取り付けた機器は、
・運転士知ラセ灯
・運転台表示灯(左)
・運転台表示灯(右)
・ブレーキ表示機

の4点です。

『運転士知ラセ灯』はおなじみのパイロットランプで、戸開閉に連動して点灯・消灯します。
『運転台表示灯(左)』は「運転情報(緑字)」と「次駅停車(橙字)」ランプが点灯します。ただしこれは伊勢崎線内のみです。
「次駅停車」ランプは運転中に次の駅が停車駅の場合に点灯し、停車駅が近づくと点滅を始め、運転士に停車を促します。ただ、複々線内の急行線を走行中は、走行線路上に途中通過駅(小菅・五反野・梅島等)のホームが無いため、北千住を出発するとすぐに「次駅停車」ランプが点灯します。なので間違えて小菅に停まらないように気をつけてください。(笑)
『運転台表示灯(右)』は「ATS」と種別表示と「定速運転」、それと「ATI」が点灯します。
「ATS」は東武ATSが投入されていることを表しているので、常時点灯。種別表示は各路線の種別を表示します。ただし、川越市から池袋までの通勤急行においては、表示灯に「通勤急行」が無いため非表示になっています。予めご了承ください。
「定速運転」はその名の通り定速運転を行うと点灯します。「ATI」は、運転台右側にあるモニタ装置の事をATI装置(Autonomous decentralized Train Integrated system:車両情報制御装置)と呼び、この装置が起動しているときに点灯します。つまり基本的に常時点灯です。
『ブレーキ表示機』は現在のノッチ段数を点灯するランプです。表示に関しては実際の車両の通り、若干のタイムラグとリアルタイムではなくある程度飛ばし読みする機能も実装しました。
 
下に実際のランプの点灯状況を動画で掲載します。

 

おまけ。
Img_3741
カバーをはずしたところ。

|

« 鉄道博物館 0系新幹線(21-2)公開 | トップページ | としまえん 鉄道&バスフェスタ2009 レポート »

博物館」カテゴリの記事

音楽館ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1616368/43290518

この記事へのトラックバック一覧です: 東武博物館50050型シミュレータ 機器取り付け完了!:

« 鉄道博物館 0系新幹線(21-2)公開 | トップページ | としまえん 鉄道&バスフェスタ2009 レポート »