« 2010年3月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年4月

2010年4月24日 (土)

鉄道博物館 『運転士体験教室』オープン!!

運転士体験教室室内


場所は2Fコレクションギャラリー隣

鉄道博物館の新しい体験展示である『運転士体験教室』が本日オープンいたしました。
このシミュレータは前回お伝えした通り、E233系を模したシミュレータを使用し、講師のアドバイスを受けながら運転士の勉強をするシミュレータで、初級では電車の運転台にある機器の説明や、走り方、ブレーキのかけ方を勉強します。

運転士体験教室の場所は2階コレクションギャラリーの隣り、授業は1日計5回で、1回目・10:30~11:10(場合により団体様用)、2回目・12:00~12:40、3回目・13:30~14:10、4回目・15:00~15:40、5回目・16:30~17:10となっており、各回約40分の体験となっており、体験の際は予約が必要で、料金は1回500円となります。


運転台は最新型のE233系を模したもの

TIMSにはタッチパネル機能もあります

運転台はE233系の機器をコンパクトにまとめた形で再現したもので、マスコンハンドルは本物を使用しています。
計器モニタは実車のものをベースに完全再現。ブレーキ表示やBC圧力値の遅れも再現しています。
TIMSモニタも実車通りに再現し、今回の体験授業内容に合わせて新しい画面を『本物らしく』作成しました。写真の『スタート画面』は実車にはありませんが、実際のTIMSにある『初期選択画面』を元に作成するなど、実物の雰囲気を壊すことなく表現しています。また、TIMSモニタはタッチパネル機能もあり、出題された問題を選択して解答するなどもできます。
性能もE233系の資料を元に一から再現しています。加速はもちろん制輪子摩擦係数による速度域のブレーキ力の変化(摩擦係数は踏面制輪子とディスクブレーキ制輪子で変えています。笑)なども再現し、合わせて実車取材に基づくブレーキ力の調整を行っています。なので現役運転士の方も納得する完全なE233系となっています。


皆さん真剣に授業を受けています

皆で出発進行!!
なお、体験の際に手袋が支給されます

皆さんの運転状況等を教師卓で
随時確認して進めます

電車の仕組みを知っている人から知らない人まで、一般の方々を対象に25台のシミュレータで25人同時に授業を行うという前例の無いシミュレータとなりましたが、最初こそ興味津々で闇雲にマスコンを動かしていたお客さんも授業が進むにつれて余計な操作をせず、真剣に説明を聞いて列車を走らせる姿が印象的でした。
また、運転の評価が表示されると「おー!!」や「あちゃー!」などの声が方々から上がり、皆様が楽しんでいただけたことを感じました。お客様の中には授業終了後に早速次回以降の予約を入れるなど、熱心な方もおられました。

4月中は全て初級の講座となっていますが、6月に中級、7月に上級の講座が追加されます。初級で電車の止め方をマスターした方は、ぜひ中・上級の講座もお受けください。

授業の一部を納めた動画を後ほど公開します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2011年2月 »