« 2010年4月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月17日 (木)

JR東日本 E5系『はやぶさ』試乗会

大宮駅に停車する試乗会用のE5系

グランクラス車内 本日、JR東日本東北新幹線で来月5日にデビューするE5系『はやぶさ』の試乗会が行われま、参加してきました。
試乗会は午前と午後にわかれて行われ、運転区間は大宮から仙台の往復。『はやぶさ』運転から行われる時速300kmの体験も行いました。

E5系はこれまでの新幹線より先頭のノーズ部分を大幅に伸ばし、独特の形状で時速300km以上の高速運転時における騒音の低減を実現。
電動式フルアクティブサスペンションや、空気式の車体傾斜装置も取り付け、E5系登場前に作られた「FASTECH 360 S」での検証技術をふんだんに盛り込んだ最新鋭の車両です。
車両のカラーは上半分を「常盤グリーン」、下半分を「飛雲ホワイト」、そして「はやてピンク」の帯を中央に配置したカラーリングとなっています。

このE5系でもっとも特徴的で話題となったグランクラスは定員18名の特別車両。
本革シートにゆったりした電動リクライニングシートといった高級な座席に、和食・洋食、ドリンクサービスなどが盛り込まれたサービスを提供してくれます。
料金は乗車運賃・特急料金・グランクラス料金込みで東京~仙台19,380円、東京~盛岡22,830円、東京~八戸24,340円、東京~新青森26,360円となっています。(グリーン車利用料+5000円です)

試乗会で乗車した際の印象は、特に高速走行時の静寂性。時速300kmで走行していてもかなり静かで、時速300kmで走っていると言うアナウンスがなければわからないほど。モーター音もほとんど聞こえず、録り鉄泣かせな車両です。笑
揺れの少なさも感じられ、走行時に感じられる大きな揺れも、よほどの長いカーブでない限りはそれほど気になりませんでした。
普通車のシートピッチも拡大され、足を組んでも前の座席に当たりません。また、座席幅も拡張され、窮屈さはまったく感じられません。

『はやぶさ』運転開始後の運用数は、東京~新青森間が一日2往復(東京8:12・9:36発 新青森6:10・18:14発)。東京~仙台が終電および始発で1往復となっています。
将来的には『つばさ』以外の全東北新幹線の車両がE5系になる予定ですが、運転本数がまだまだ少ないためグランクラスは争奪戦がしばらく続くと思われます。でも一度は乗ってみたいものですね!

レポートを掲載しました!こちらからご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2011年3月 »