« JR東日本 E5系『はやぶさ』試乗会 | トップページ | 九州鉄道記念館811系シミュレータ開発記2 »

2011年3月25日 (金)

九州鉄道記念館811系シミュレータ開発記1

撮影に使用した813系

現在、音楽館では3月31日にリニューアル予定の九州鉄道記念館用811系シミュレータを鋭意製作中です。
この811系シミュレータは現在、門司港~西小倉の往復となっていますが、今回のリニューアルで門司港から折尾までの区間に延長されます。
今回はシミュレータの撮影秘話をご紹介します。

モーター音を収録した811系P1編成
ちなみにシミュレータの車両は811系P2編成

撮影は12月28日・29日に行われるため、我々撮影スタッフは前日の27日に博多に乗り込みました。
撮影区間は博多から門司港というかなりの長距離。そこで路線調査や音の収録を兼ねて、鹿児島本線の博多~荒木~小倉~博多と実際に811系に乗ってみました。
まず最初に行われたのが811系のモーター音収録。幸い下り方面の普通列車はあまり人が乗らずに静かな環境下で音の収録ができました。811系のモーター音は、201系+205系÷2といった感じ。
モーター音収録の際に必要なのが速度情報ですが車掌側の運転台にハンディーカムを向けて撮影していましたが、乗務していた車掌さんが相当訝しげな顔をしていました。


   駅音の収録風景

折り返し列車が赤間行きなので、赤間までに運転台の機器の動作などを調査することも怠りません。マスコン投入後の加速の反応速度、各速度域毎の電制の立ち上がり遅れや、BC圧の反応タイミングなどを詳細にメモります。
赤間で813系に乗り換えて小倉まで移動。途中の駅で駅放送なども収録しながらの取材となりました。

駅音は列車接近時や発車時にJR九州特有のプルプルと鳴るブザー音が鳴り響きます。小倉や博多以外は自動で鳴るものですが、小倉・博多では駅員の手動操作によりブザー音が鳴るため、小倉駅・博多駅では納得のいく音声が収録できるまで30分以上かかりました。(特に大きな駅では他の列車の音や放送が入るため、なおさら大変)
駅音の収録というと、ながーい棒の上にマイクを付けてスピーカーの音を直接拾うものを想像しますが、音楽館では周囲の環境音も同時に録音するため、普通のボイスレコーダーのようなもので収録します。
 

28日の撮影当日。南福岡車両区は絶好の快晴。朝7時に集合して撮影車両に乗り込みます。
撮影車両は811系と行きたいところですが、811系は前面窓が傾斜していてカメラが取り付け困難なため、前面が垂直な813系をチョイスして挑みます。
快晴の中、博多駅を出発したころで気になる雲が前面に広がります。明らかに雲は真っ黒け。どうみても雨雲です。
するとあれよあれよと香椎あたりでポツリポツリと雨が降り出しました。なんということでしょう!撮影失敗です!!
意気消沈な中、列車は門司港に到着。昼食ついでに九州鉄道記念館に寄ると、じょじょに雨が上がってきました。これならイケる!!と折り返しの撮影に期待したのも束の間、再び大雨。この日の撮影は博多~千早だけ成功となりました。


マイクの取りつけ

撮影風景

映像と音声チェック
左上のテルテル坊主が状況を語る

門司港到着
一日目はあいにくな天気だった

問題なのが今回の撮影、小倉~門司港を撮影できるのはダイヤの都合上28日の1日のみ。つまりこの日の撮影に失敗したため、門司港がシミュレータで採用できなくなってしまいました。
しかしその夜、社長がJR九州の方に事情を説明したところ、なんと29日も小倉~門司港の撮影ができるようにして頂けたのです!

そして運命の29日、やはり博多近辺だけが快晴で、小倉に向かえば向かうほど天気が悪く、28日と同じく雨模様に。
ですが嬉しいことに午後から天気が落ち着き始め、門司港からの折り返し時には、たまに雨粒がガラスに付く程度になり、なんとか門司港から海老津ぐらいまで雨に降られず撮影できたのでした。
全員ほっとして撤収できたのは言うまでもありません。

最終的に撮影使用区間は紆余曲折もありましたが、無理に短区間の博多周辺などを入れた細切れ区間をチョイスするよりも、実際の運用区間として存在する門司港から折尾の1区間に落ち着きました。(折尾駅の折り返し線にも使われる5番線に入線したのは偶然でした)

|

« JR東日本 E5系『はやぶさ』試乗会 | トップページ | 九州鉄道記念館811系シミュレータ開発記2 »

制作スタッフこぼれ話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1616368/43290407

この記事へのトラックバック一覧です: 九州鉄道記念館811系シミュレータ開発記1:

« JR東日本 E5系『はやぶさ』試乗会 | トップページ | 九州鉄道記念館811系シミュレータ開発記2 »